3%の人間

こんにちわ。3%の人間の田口です。

例えば、職場に10人スタッフがいるとしたら

8割は現状に文句を言う人間

2割は言わない人間

この8対2の法則が、なんだか

崩れきているとか。

20%から3%と激減ぶりをみせているらしい

知らんけどw

私は3%の文句を言わない人間です。

文句を言わない=我慢して言わない・言えない

のではなく

そういう考えになりません。

私の場合

今の仕事は楽しいですか?と聞かれ

楽しくなかったので、楽しくないと答えます。

なぜ、楽しくないのですか?

「休日もお給料も与えられてばかりで

つまらなかったからです。」

こういう考えの人って3%と少なくなっているんですって。

みなさんだったら、どう答えますか?

仕事がきついだとか、上司が気に入らないとか

給料が安いとか、休みが少ないとか?

これは、脳の使い方です。

なぜ、文句いわない人間がいるのか?

文句を言う(自分では言ってないと思っている人も多いかも)

自覚してない、困った人もふくめて

不思議かもわかりません。

ある例を挙げてみましょう。

高額塾で大金を払いノウハウを学びました。

しかし、ノウハウは学べたけど

受講費は回収できませんでした。

この例についてみなさんは、どう考えますか?

高額塾が悪いでしょうか?

この人はノウハウ以外に何か学べなかったでしょうか?

いろんな状況がありますが

大金を払ったのは自分だという事

あらゆることを考え納得した上での事

お金に換えられない価値を見つけ出す事が重要である事

受けとる器を持つ事

現在、まさに高額塾に入っているのですが

(高額塾は人生2度目)

もし、文句を言うタイプの脳の使い方

だったら、絶対に入らない方が良いです。

思考パターンを変える事

これは、小さな習慣からつくられます。

いきなり、パターンを変えることは、習慣をかえることなので

短期間ではむずかしいです。

もし、あらゆるハッピーを受け取りたいなら

思考を変える習慣をすることですね!

朝、玄関を出ようとして、靴紐が切れた場合

どう思うか?

「もう、最悪!」と思うか

「良かった!途中で切れなくて!」

と思うかの違いです。

こういった思考パターンを変化させていくと

3%の文句を言わない人間になれます。

ただし、私の欠点は自分がそうだからと言って

みんなもそうでしょ?

って思ってしまうところなんです。

なので、私は別の自身の改善に努めていきたいと

思います。

なぜ、そうするのか?

幸せの近道だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です