あなたの体臭大丈夫?

こんにちわ。

ノマドの田口です。(自称はいろいろ)

今日は体臭についてです。

日本人は比較的、体臭が無いのので香水を

つける文化はありませんが

ニオイって印象つくものありますよね。

この前、友人とハグしたとき、めちゃいいニオイ

しました。私もいいニオイさせたい♡って思いましたw

ニオイが印象つけます。

特に初対面の人だと

特にそれはありますよね。

しかし、ずっと看護師してた私は

香水を買ったことがなかったんです~。( ;∀;)

よく、髪の毛が消毒液臭いといわれましたw

で、海外いくと免税店がありますよね。

ついに買っちゃいました。

脱・消毒液のニオイ

良いニオイの良い女♡

香水嫌いな方

もちろんたくさんいるので、つけすぎ注意で

ハグした時、ちょっと香るくらいがいいかな♪

せっかく人生初の香水を買ったので

香水とはどういうものか、歴史を探りましたw

香水はそもそも香料からはじまります。

香料は古代エジプト時代、ミイラの腐敗やニオイ、殺菌、保存

の目的に使用れていたもので、そんなちょっと気持ち悪い

物質がなぜ香水になったのか?

香水をつけていても、何気につけていたでしょ?w

もう少し、お付き合いくださいね(〃艸〃)ムフッ

香料は薬品的な必要性から

化粧品として美容液、クリームとしてすでに古代エジプト、

ギリシア時代には化粧品が存在したこと知られています。

なので、香料から美容品、医薬品、香水とわかれていった

ようですね!

香水といえば、クレオパトラ!!

やっぱり、美女には香水か。

クレオパトラは体臭をバラのニオイにかえる

努力をしていたとか。

やっぱ、バラのニオイって昔から

人気だったんですね~。

余談ですが、ブルガリアローズオイルは

いまでも金と同じ価値があり、

(バラ3000本から1gしかとれないオイルで

ハイブランドのバラの香りがする香水にはほとんどこれが

使用されているらしいです)

らなので、貿易するにあたり、軽くて同じ価値がある

物は昔から重宝されたようです。

確かに輸入するとき、輸送コストを考えるので

同じ価値なら、軽い方を選びますもんね~。。。

ってなわけで、体臭大丈夫?から貿易のお話でしたw

今度、私にあったらハグしてみてください!

どんな香水をつけているでしょうか?w

そしてそれによって、印象までも変化するか?


今日は長文でしたが、最後までお付き合いくださり

ありがとうございました。

男性の方も香水のいい香りがすると

印象はぐっとよくなると思います♡

この時、今日会う人を思い浮かべながら

香水も選ぶといいかもわかりませんね!


また、海外に行くたびに、香水をチェックしようと

思います♡

海外ノマド生活あるある、どんなことも

楽しむことに、集中していますw

よかったら、お友達になってくださいね♪

今月、香港へいきます。

私の貿易家のお仕事について興味ある

ライン@のお友達だけに、お知らせがあります。

もし、興味ある方はお友達登録をお願いいたします。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です